上製本の基礎知識と製本スタイル

製本には、いろいろな製本形態がありますが、製本の違いで印象が大きく変わります。

出来上がった冊子を有効に利用するためには、表紙や製本の形状について充分に知っておくことが重要です。
上製本の基礎知識と製本スタイル、主要な本の各部の名称などについてご紹介します。

上製本は、ハードカバーとも言われ、単行本の製本では多く使われています。
しっかりしていて長期保存ができることから、いろいろな記念の本を自費出版する場合に人気がある製本方法です。

上製本とは

固くて厚めの別仕立ての表紙

固くて厚めの別仕立ての表紙本文(本の中身)を糸かがりやPUR(製本用強力接着糊)などで綴じ、本文よりひと回り大きい固くて厚めの別仕立ての表紙でくるむのが上製本です。表紙の固くて厚い芯は、芯材という製本用のボール紙(芯ボール)を使います。

芯材の表面の素材

その芯材の表面を覆う素材は、裏打ちされた布やレザークロス、カラー印刷紙があります。様々な色柄の布でくるみ、タイトル(題名)などを金箔や銀箔押しする豪華な雰囲気のものは自叙伝や俳句集、短歌集などの自費出版によく使われています。
カラー印刷紙にPPフィルム加工を施した表紙素材で仕立てたものは記念誌や写真集などに用いられています。

「チリ」と「見返し」など

「チリ」と「見返し」など表紙は本文(本の中身)より大きく作成していますが、この寸法の差を「チリ」とよびます。「チリ」の部分があるから本の中身が保護されていることになります。

表紙と中身に間には、見返しと呼ばれる紙で表紙と本体部分とを糊づけして接合させ、本の強度を補強しています。高級感や重厚な雰囲気を醸し出し、長期間の保存にも耐えられるのが大きな特長です。

製本方法

角山・角背上製本 丸山・丸背上製本上製本は、丸山(丸背)、角山(角背)があり、芯ボールの厚さにより厚表紙と薄表紙に区分されます。

製造工程

製造工程は、少部数向けは職人の手作業(手づくり)で製作し、大部数向けの糸かがりやPUR製本は工場の全工程を機械化された上製本ラインにより制作されます。

丈夫で長持ち、高級感あふれる美しいハードカバー表紙

上製本の特長

ハードカバー表紙の上製本ハードカバー表紙の上製本は、文字どおり、高級感あふれる美しい体裁の製本加工形式です。
しかも、丈夫で耐久性に優れているので長期の保存に耐えられます。

手にとった時に、その奥行きのある色柄の美しい装丁と重厚感があいまって豪華本という風合い、感触が伝わってきます。

自費出版・書籍製本

上製本にすることで、自分史や記念誌のほか、句集、歌集、エッセイ、詩集、遺稿集、追悼集、写真集、旅行記、紀行文、自伝、自叙伝、家族史、闘病記、作品集、写真集、イラスト集、論文集、合本などの自費出版本・書籍に高級な雰囲気をもたらしてくれます。

賀寿記念製本

古稀、喜寿、傘寿、米寿を迎えられるご両親への心に残るプレゼントとしても、上製本仕立て(高級書籍製本)は喜ばれています。

ご入稿方法〜あらゆる原稿に対応いたします〜

パソコン(PC)を使って原稿を作成することが不得手の方でもご安心ください。
手書き原稿をご入稿いただければ、当社スタッフが入力、レイアウトのデータ作成を代行(オプション)いたします。

パソコン(PC)を使って文字入力、レイアウトのデータ作成が可能な方は、そのデータ原稿をご入稿ください。
また、文字入力はできるが、レイアウトができないという方は、そのデータをご入稿ください。

ご入稿から、表紙データの作成方法、背幅の計算、印刷、製本加工まで、経験豊富な当社スタッフが丁寧なサポートをさせていただきます。

表紙の仕様「各種素材」

表紙の各種素材ハードカバー表紙の素材には様々な種類があります。

  • 布クロスに金や銀の箔押しタイプ
  • レザークロスに金や銀の箔押しタイプ
  • カラー印刷した用紙の表面にPPフィルム加工を施したタイプ

などバリエーションも豊富に取り揃えていますので様々な素材からお選びいただけます。

上製本表紙(展開サイズ)の作り方

上製本の表紙は、本文(中身)より一回り大きいサイズとなる為、作成する際には基礎知識が必要となります。

展開版(表1と背文字と表4を連結)の上製本用表紙の各箇所に寸法を記載した「上製本用展開版表紙の作り方のイラスト図版」を参照していただきながら作り方をご紹介します。
弊社スタッフが代行して作成することも可能です。
上製本表紙(展開サイズ)の作り方

  • 背幅は、通常の規格サイズより+4ミリ広く作成する。
  • 左右幅は、通常の規格サイズより+7ミリ大きく作成する。ただし、表紙の「ノド側」にミゾがあるため、文字等が見えにくくなりますのでミゾにかからないようにする必要があります。
  • 天地幅は、通常の規格サイズより+6ミリ大きくする。
  • 折り返し(巻込み代)として周囲+16ミリをとり、そのうち、天地は7ミリ、左右は10ミリを塗り足しにする。

本文(中身)の仕様

本文は、原稿の内容が文字中心の場合は、デジタル軽オフセットのモノクロ専用機を使用します。原稿に写真が多く入っている時は、写真が奇麗に印刷できるデジタルカラー専用機を使用し、いずれも部数により小型機、中型機を使い分けて経済的かつ高品質な冊子が完成するように進行いたします。

当社は、書籍製本を専門に特化している為、上製本の取り扱い実績が多数ございます。従来の大ロット向けの糸かがり製本に匹敵する丈夫なPUR製本が(製本用強力接着糊)少部数でも可能になりました。当社にご来社いただければ、今まで手懸けた本を手にとって本の感触をお確かめいただくことができます。

箔押し加工

箔押しは、「活字」と「凸版」の2種類があります。部数が1部〜10部くらいは、活字を使用したほうが割安になります。
10部からは、オリジナルの凸版を作成して、箔押しをするのでロゴマーク等の図版も箔押しすることができます。

見返し

見返しにつきましても、様々な用紙からお客様のお好みの色柄をお選びいただけます。

横本タイプ上製本の特殊製本加工と製本技術

A4横本 角背上製本上製本の製作工程で技術的に難しいとされるA4サイズの横本タイプ上製本(横長短辺綴じ)の加工も角背、丸背ともに可能です。特にページ数が多く背幅が厚い横本は、ノドに負荷がかかるため、特殊な製本技術が必要となります。
横長製本は、本を開いた時に通常の縦本(長編綴じ製本)に比べて圧倒的にワイドな誌面になり、写真や挿絵が入った様々な作品集などに最適です。

和本

和本(和装本・和綴じ製本)は、和紙又は和紙風の用紙を和綴じ(本の綴じ側を紐で綴じる)して作成した本のことをいいます。
表紙も和風のお好みの用紙を使用すれば「和」のイメージ、歴史の趣を感じられる本が出来上がります。和本の製本職人が長年の経験、技術により手作業で本を完成させます。

☎ お客様相談窓口

上製本表紙の作り方、表紙の折り返し部分の寸法、書籍製本、特殊製本、ハードカバー製本、自費出版のことなら、お気軽にお問い合わせください。
お電話やFAX、フォーム、メールにて承っております。

上製本サービスサポート 費用などのご相談受付中!!
TEL: 03-5875-0801 FAX: 03-5875-0878
E-mail: info@jouseihon.com

≪お問い合わせフォーム≫
上製本・自費出版のご相談・ご質問は、こちらの【フォーム】でも受け付けております。

お電話 [ 03-5875-0801 ] やFAX、メールでも承っております。

≪メールアドレス≫
E-mail: info@jouseihon.com

受付時間:[電話]月〜金 9:30〜18:30
※標記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応いたします。
 お急ぎの場合は、一度おかけください。
 [メール・FAX]随時受付

新着情報New arrival

  • 2014年7月4日 上製本ドットコムがオープンしました
Copyright(c) 2014 上製本.com Homepage All Rights Reserved.