本の判型(はんけい)サイズの決め方と種類

本の判型・サイズは、その出版物の出版目的、内容、読者層などを考慮して紙面の面積である判型を決めていきます。

写真集などの写真や図版が中心の本は、わりと大きめのサイズで、文字を中心の本で手軽に持ち運びながら読んでもらうものは、小さいサイズにすることが多いです。
写真集、作品集では、A5判・B5判・A4判が一般的によく使われ、ハードカバー表紙の製本にすることもあります。
横長サイズ(横本)や正方形の本などの特殊製本も作成することができます。判型を検討する時に併せて製本方法も決めていきます。製本は、大きく分けて並製本と上製本の二種類があります。

本の判型(はんけい)サイズの種類と製本方法

本の判型(はんけい)サイズ本の代表的な判型・サイズは、以下のとおりです。
判型が決まれば、読者層を考えて文字(ポイント)の大きさ、1ページの行数、1行の文字数を順次決めていきます。ページレイアウトは、本の内容を勘案して整えます。

A6判(105×148ミリ)

文庫本といえばこのサイズ。ハンドブックなどにも使われています。
ソフトカバーの並製本が一般的。流通している文庫本は、左右のサイズは、105mmとどの出版社でもほぼ同じだが、天地のサイズは、148〜152mm程度と出版社によって異なります。製本方法は、ソフトカバーの並製本が一般的です。

新書判(105×173ミリ)

文字通り新書本のサイズ。文庫本よりは一回り大きく、B6判よりは少し小さいサイズ。
出版社により多少異なります。新書本(岩波新書や新潮新書)など。
文庫は小説などが多いが、新書はその時々の社会で関心を集めている事柄などが多い。ソフトカバーの並製本が一般的です。

B6判(128×182ミリ)

一般書籍(単行本)、文芸書など。ハンディな判型として読み物などに多く用いられています。プライベートの私家本などの自費出版ものに使われています。書店への流通本は、四六判が多い。

四六判(129×188ミリ)

B6判よりやや大きいサイズ(B6判より少し背が高い)。
書店への流通本では文庫本(A6判)や新書判についで多く、単行本の上製本は、ハードカバー表紙の部分が四六判サイズの本文中身より少し大きく作成されます。
この表紙と本文中身のサイズの差の部分を「チリ」といい天地と小口側にそれぞれ2〜3ミリ大きくとります。新刊の小説やエッセイ集などは、この四六判の判型で発行されています。

A5判(148×210ミリ)

小部数で発行される自費出版本は、A5判が基本の判型です。
一般書籍(自分史、小説、エッセイ集、句集、歌集)、文芸書・学術書・文学者の全集などに使われる判型で製本は、ソフトカバーの並製本とハードカバー表紙の上製本の両方が存在する。

B5判(182×257ミリ)

週刊誌、ノート、一般雑誌、会報、研究誌、ニュース性のある冊子など。B5サイズの出版物で多いのは週刊誌。
日常的に書店でよく見かけるのも週刊誌。図版類が多い専門書にも用いられる。

A4判(210×297ミリ)

書店売りしない企業・団体、大学等で発行する冊子類の一般的に最も多く使用される判型です。
記念誌、社史、報告書、セミナー資料テキスト、写真集、美術全集、画集、絵本、電話帳などに多く用いられる。

文庫本等のように持ち運びながら読む本ではなく、必要な時に本棚から取り出し読む冊子に使われています。
製本は、記念誌、社史、美術全集などはハードカバー表紙の上製本が多く、報告書、セミナー資料テキストなどはソフトカバー表紙の並製本が一般的です。

☎ お客様相談窓口

上製本、書籍製本、特殊製本、和本、図書館製本、自費出版のことなら、
お気軽にお問い合わせください。
お電話やFAX、お問い合わせフォーム、メールにて承っております。

上製本:印刷製本サービスサポート 費用などのご相談受付中!!
TEL: 03-5875-0801 FAX: 03-5875-0878
E-mail: info@jouseihon.com

≪お問い合わせフォーム≫
上製本のお問い合わせ、および、ご質問につきましては、こちらの【お問い合わせフォーム】でも受け付けております。

お電話 [ 03-5875-0801 ] やFAX、メールでも承っております。

≪お問い合わせメールアドレス≫
E-mail: info@jouseihon.com

受付時間:[電話]月〜金 9:30〜18:30
※上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。
 お急ぎの場合は、一度おかけください。
 [メール・FAX]随時受付

Copyright(c) 2014 上製本.com Homepage All Rights Reserved.