丸背上製本の作業工程の概略

ハードカバー表紙の上製本は、表紙の素材(クロス)、身返し用紙の種類も多くお好みの色柄がお選びいただけます。

当社は、機械による製本工程と手作業にる製本工程のどちらにも対応しておりますのでご相談いただければと存じます。

基本的な丸背上製本工程

上製本の作業工程は、並製本に比べて少々複雑になります。
ここでは、丸背上製本の作業(概略)の流れをご説明をいたします。

(1)折り

手作業による折と折機による機械織りとがあります。印刷された頁の順番が正しくなるように折ります。

(2)貼込(見返貼)

本文(中身)の最初と最後に見返し紙を貼ります。
見返し紙の詳細は「本の各部の名称と用語」のページをご覧ください。

(3)丁合

手作業による丁合と丁合機による機械丁合とがあります。折り上がった刷本(折り丁)を一冊の本の順番に並べます。

(4)糸綴じ(かがり)

糸で背の部分を縫う糸綴(かがり)作業。この作業は、糸綴機の機械が行ないます。

(5)下固め

糸で綴じたうえで強度を補強するため接着剤で本の背中に糊を入れて背固めをします。

(6)三方断裁

下固めの工程が終了した本文(中身)には刷本(折り丁)が袋状態になっているため、天と地と小口の三方(三か所)を断裁して頁を開けるようにします。

(7)製本機械ライン

製本機械ライン 機械で本の背に丸みを出すためのセッティングをして、丸出し、バッキング、背に寒冷紗(ガーゼ)を入れる背貼り、本固め、本文に表紙をくるむ表紙付け、表紙のプレス、イチョウ入れ等の一連の各作業工程をラインで行います。

(8)検本・発送

検本後、クラフト紙で梱包のうえ段ボール箱に入れ発送します。

☎ お客様相談窓口

上製本、書籍製本、特殊製本、和本、ハードカバー製本、自費出版のことなら、
お気軽にお問い合わせください。
お電話やFAX、お問い合わせフォーム、メールにて承っております。

上製本:印刷製本サービスサポート 費用などのご相談受付中!!
TEL: 03-5875-0801 FAX: 03-5875-0878
E-mail: info@jouseihon.com

≪お問い合わせフォーム≫
上製本のお問い合わせ、および、ご質問につきましては、こちらの【お問い合わせフォーム】でも受け付けております。

お電話 [ 03-5875-0801 ] やFAX、メールでも承っております。

≪お問い合わせメールアドレス≫
E-mail: info@jouseihon.com

受付時間:[電話]月〜金 9:30〜18:30
※上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。
 お急ぎの場合は、一度おかけください。
 [メール・FAX]随時受付

Copyright(c) 2014 上製本.com Homepage All Rights Reserved.