本の各部の名称と用語

本の各部の名称と用語のイラスト図版

「天(てん)」
本の上の部分こと。あたまともいう。

「地(ち)」
本の下の部分のこと。けしたともいう。

「小口(こぐち)」
本を開く側の部分のこと。通常は、背表紙の反対側を指して使われる。

「のど」
本を綴じている側のこと。

「上製本の表紙」
冊子本体の一番外側の部分でボール紙の厚い芯紙の表面に布クロス等を貼ってくるんだもの。ハードカバー表紙ともいう。

「表紙カバー」
本をくるむカバーは、ジャケットとも呼びます。表紙の傷みや汚れを防ぐとともに、様々なデザインを施してカラー印刷される。主に書籍等で使われることが多い。

「見返し(みかえし)」
表紙と本分(中身)を貼りつけるために使います。表紙に貼るほうを「見返し・きき紙」、本文に貼るほうを「見返し・遊び紙」と言います。実用的な役割のほかに、特に上製本の場合、タント紙などの色柄を選び装飾的効果を狙うためにも使われます。

「背(せ)」
本をとじた外側の厚みの部分。本を本棚に入れたときに題名が見えるところ。小口の反対側になる。

「角背(かくぜ)」
上製本の背の形状を角ばったカタチで仕上げる方法のこと。

「丸背(まるぜ)」
上製本の背の形状を丸く形づけてで仕上げる方法のこと。

「背文字(せもじ)」
本の背の部分に入れるタイトルなどの文字のこと。

「溝(みぞ)」
本の開きをよくするため、表紙の両面に、表紙の背表紙に近い部分につける溝状の筋のこと。

「花布(はなぎれ)」
上製本の背の上下に貼りつける接着の補強と装飾のための細い布。赤、白、黄色などが多い。

「スピン」
しおり、リボンとも言う。書物の間にはさんで目的の頁を開く為や色の数が多いことから装飾性も兼ねている。

「束(つか)」
本の厚さのこと。

「ちり」
上製本の本文より外側に出ているハードカバー表紙の部分のこと。通常、本文(中身)より、外側のハードカバー表紙は、2〜3mm程度大きく作られます。

☎ お客様相談窓口

上製本、書籍製本、特殊製本、和本、ハードカバー製本、自費出版のことなら、
お気軽にお問い合わせください。
お電話やFAX、お問い合わせフォーム、メールにて承っております。

上製本:印刷製本サービスサポート 費用などのご相談受付中!!
TEL: 03-5875-0801 FAX: 03-5875-0878
E-mail: info@jouseihon.com

≪お問い合わせフォーム≫
上製本のお問い合わせ、および、ご質問につきましては、こちらの【お問い合わせフォーム】でも受け付けております。

お電話 [ 03-5875-0801 ] やFAX、メールでも承っております。

≪お問い合わせメールアドレス≫
E-mail: info@jouseihon.com

受付時間:[電話]月〜金 9:30〜18:30
※上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。
 お急ぎの場合は、一度おかけください。
 [メール・FAX]随時受付

Copyright(c) 2014 上製本.com Homepage All Rights Reserved.